So-net無料ブログ作成

飛鳥京跡に大型建物遺構=天皇の私的空間か―奈良(時事通信)

 奈良県立橿原考古学研究所は20日、飛鳥京跡(明日香村)で、7世紀後半の大型建物の遺構を確認したと発表した。東西約30〜35メートル、南北15メートルで、同時代の建物としては最大級。天皇の私的空間とみられ、同研究所は「後の平城宮のような内裏建物の先駆けかもしれない」としている。
 同研究所によると、遺構は12個の掘立柱穴で、内郭の北西にある「外郭」地区で見つかった。柱穴は直径と深さがそれぞれ1.7メートル以上で、東西に4列並んでいた。
 柱の間隔が3メートルで一定するなど、計画的に配置。南北にひさしが付いた建物(東西29メートル、南北15メートル)か、4面にひさしが付いた建物(同35メートル、同15メートル)のいずれかの形状と推定される。
 平城京などの類例から、「外郭にあるものの、宮殿の一部で、内裏や皇族にかかわる重要な施設とみられる」という。 

【関連ニュース】
【Off Time】マチュピチュの旅
〔写真特集〕驚くべき自然 人類の英知 世界遺産
〔写真特集〕ビーチ&レイクサイドフォト
〔写真特集〕発掘・出土品
〔写真特集〕インカ帝国の太陽の祭りと「空中都市」マチュピチュ

<性犯罪>20件、少年関与か 一部認める供述…さいたま(毎日新聞)
<高速道路>新上限料金、6月導入を先送り 前原国交相(毎日新聞)
支援者ら肩落とす=「不当判決」と批判−機関紙配布事件(時事通信)
地球温暖化対策基本法、衆院委員会で強行採決(産経新聞)
<共産党>著名人擁立に警戒感 志位委員長(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。