So-net無料ブログ作成

財政と国民生活「両立が課題」と首相=連合会長、現実的な参院選公約を(時事通信)

 鳩山由紀夫首相と連合の古賀伸明会長による「政府・連合トップ会談」が5日午前、首相官邸で開かれた。首相は「財政が厳しい中、国民の暮らしを守ることとの両立が政権に与えられた最大の課題だ」と述べ、財政再建を進めつつ景気・雇用や社会保障などの分野で必要な施策を実施する方針を強調。古賀氏は、夏の参院選での民主党公約に触れ「挑戦的、現実的なマニフェスト(政権公約)が必要だ。(衆院選公約を)大胆に見直すところは見直し、その経過や理由を国民に説明することが必要だ」と求めた。
 会談で首相は「官と民の協力のあり方を思い切って変えたい。規制改革などもしっかり行いたい」と表明。さらに「独立行政法人や公益法人の改革も急務だ」と述べた。一方、古賀氏は、雇用対策の強化を求めるとともに、政府が6月にまとめる「新成長戦略」や「中期財政フレーム」に関し「わが国の将来ビジョンを国民に分かりやすく提示してほしい」と要望した。 

【関連ニュース】
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

中古携帯の利用者に相次ぐ“災難”、訴訟発展も(読売新聞)
メキシコでM6・9の地震、津波の影響なし(読売新聞)
10年度診療報酬改定、4月実施危ぶんだ時期も(医療介護CBニュース)
与謝野・平沼氏が共同代表…新党合意(読売新聞)
傷害容疑で追送検=反捕鯨のSS活動家−海保(時事通信)

<窃盗未遂>衣類盗もうとした疑い…警視庁警部補を逮捕(毎日新聞)

 千葉県松戸市の女性宅から衣類を盗もうとしたとして県警松戸署は28日、警視庁交通規制課警部補、今村晶容疑者(40)=同市松飛台=を窃盗未遂容疑で現行犯逮捕した。同署によると「(現場には)車で来た。酔って覚えていない」と供述しているという。

 今村容疑者の呼気1リットル当たり0.15ミリグラム以上のアルコール分が検出され、近くの月決め駐車場に今村容疑者の車が止めてあったことから、同署は酒気帯び運転の疑いもあるとみて調べる。

 逮捕容疑は28日午前5時5分ごろ、会社員の女性(40)が住むアパート1階のベランダの手すりを乗り越え、洗濯機の中にあった衣類を盗もうとしたとしている。同署によると、女性宅にいた知人の男性(44)がベランダの物音に気付き、今村容疑者を発見。約200メートル追いかけて、今村容疑者を路上で取り押さえた。

 警視庁の桜沢健一警務部参事官は「職員が逮捕されたことは誠に遺憾。千葉県警の捜査結果を待って厳正に対処したい」とのコメントを出した。【西浦久雄】

【関連ニュース】
警察庁長官:DNA型の試料「面前で封印を」
窃盗:国重文の仏像、大阪の寺から盗まれる
窃盗未遂:氏名「忘れた」被告に判決 佐賀地裁
窃盗:仏像2体が盗まれる…愛知・一宮の寺
DNA誤登録:採取時、記名せず…神奈川県警

容疑者不詳で書類送検=長官銃撃で警視庁(時事通信)
逮捕男の車内から血液=東京・福生の路上殺害−警視庁(時事通信)
警察庁長官銃撃事件が時効 実行犯特定できず捜査終結(産経新聞)
<日米密約>破棄可能性の文書は6点 岡田外相が明らかに(毎日新聞)
東急東横線でも男性はねられ運転見合わせ 目黒(産経新聞)

<脅迫文>兵庫県庁と神戸朝鮮高級学校に 高校無償化巡り(毎日新聞)

 朝鮮学校に対する高校授業料無償化を巡り、兵庫県庁と神戸朝鮮高級学校(神戸市垂水区)に脅迫文が送りつけられていたことが26日わかった。県庁には薬きょうが、学校にはカッターナイフの刃が同封されていた。朝鮮学校への助成継続の意思を示している兵庫県の対応を批判する記述があり、県警は脅迫容疑で捜査している。

 県警などによると、脅迫文はいずれも23日に届き、差出人として同じ名前が記してあった。県庁に届いたものは井戸敏三知事あてで、知事の方針を批判する内容。学校に届いたものは、B5用紙2枚に黒や赤のフェルトペンで、学校や生徒に危害を加えると記していた。県と同校は被害届を出した。同校の許敬教頭は「日本社会で育ち、学んでいる生徒に罪はない」と話した。

 兵庫県内には朝鮮学校が7校あり、「兵庫朝鮮学園」が運営。幼稚園から高校まで1300人が通学しており、県は今年度、計約1億4000万円を助成している。井戸知事は今月16日、朝鮮学校への支援について「他の外国人学校と差を設ける必然性はないのではないか。拉致問題の解決などと引き換えにする事柄ではない」と話していた。【村上正】

<JR不採用問題>雇用は難しいとの考え示す…JR東海社長(毎日新聞)
<不当表示>台湾産ウナギを「国産」 「日本一」に改善命令(毎日新聞)
<不明>中央アルプスで登山の2人捜索 長野県警(毎日新聞)
放たれる白い光…太陽の塔、40年ぶりに目玉点灯(産経新聞)
偽1万円使用で逮捕、似た偽札首都圏で150枚(読売新聞)

アウトドア大手の顧客情報流出=中国から不正アクセスか−大阪(時事通信)

 大手アウトドア用品メーカー「モンベル」(大阪市西区)のウェブサイトが今年1月、海外からの不正アクセスを受け、サイト内のデータベースからクレジットカード情報など約1万件の顧客情報が流出していたことが23日、分かった。被害届を受けた大阪府警西署は不正アクセス禁止法違反の疑いで捜査を始めた。
 同社によると、今年1月25〜26日、同社のウェブサイトが「SQLインジェクション」と呼ばれる手法を使って断続的に不正アクセスされ、オンラインショッピングで買い物をした顧客計1万1446人分のカード番号と有効期限が流出した。アクセス元はIPアドレス(インターネット上の住所)から中国とみられるという。 

【関連ニュース】
ホリプロ元契約社員逮捕=芸能人ブログ不正侵入容疑-445人分のIDなど流出
アリコに初の勧告=個人情報流出問題で
中京銀、顧客情報載った伝票つづりを紛失=約1000件分
業務改善の実施計画を提出=NTT西の情報漏えい問題で-NTT東
NTT西、情報漏えい防止で業務改善計画

開星高教師、センバツ敗退の日に逮捕…女子トイレに侵入(スポーツ報知)
首相の普天間有事使用発言「理解に苦しむ」 自民・石破氏(産経新聞)
鳩山首相と関係閣僚が23日協議=政府案決定へ詰め−普天間移設(時事通信)
遅刻「事務方のミス」、総務相が課長ら4人更迭(読売新聞)
高支持率「みんな」強気、参院選に積極擁立へ(読売新聞)

普天間移設案「慎重に検討」=米大使(時事通信)

妻の「帰宅不満」爆発 「電話の1本くらい入れてよ」(J-CASTニュース)

 「夫が何時に帰ってくるのかわからなくて困る」「遅くなるなら前もって電話の1本くらい入れてよ」――こんな風にネット上で不満を漏らす妻は意外と多い。一つ屋根の下で暮らす上で相手の予定や行動がわからないと、多かれ少なかれ悩みの種になるようだ。

 「夫婦同士でお互いの行動を報告しますか?」。40歳代女性は質問サイト「教えて!goo」に2010年3月8日に書き込んだ。何でも話して欲しい、と夫に言っているがなかなか実行してくれない上に、事後報告が多く、積もり積もってストレスになっているようだ。最近は自分だけが報告するのも「ばかばかしくなり」、映画を観に行っても夫に黙っているようになった。「夫婦ってなんなんだろう」と考えたり、「もう(夫への)気持ちがなくなりつつある」ともつづっている。

■毎晩手帳を広げてまとめて報告

 この質問に対し、いろんな意見が書き込まれている。

 離婚歴があるという40歳代女性は、前夫と「必要事項の事務連絡」しかなく、「お互いの行動に対して無関心でした」。仕事に出掛かる時に「行ってきます」も言わないので、前夫の姿が見えないときは「仕事に行ったのかな?」と判断していた。当然、「今日はいつ帰る」「どこへ行く」といった連絡も一切なかった。

 女性の意見が多いなか、毎晩、共働きの妻と互いの手帳を広げて「予定と行動の結論だけ」をまとめて報告していると書き込んでいる男性もいる。「会社の日報や申し送りと同じ」だそうで、2人の予定を手帳で調整した後に、問題点や感想などを話し合う。手帳での報告があるおかげで、日中のメール連絡は「夕飯を家で食べるのか」「終電までに帰るのか」だけで済んでいるそうだ。

 「Yahoo!知恵袋」でも「夫婦の間で日々の予定の連絡ってどのあたりまでしていますか?」という質問が10年2月6日に書き込まれている。

 相談者は30歳代前半女性で09年8月に結婚したばかりだ。共働きだが、できる限り夫との時間を作りたいので、夫の都合に合わせるようにしている。ところが何の連絡もなく予定を変更され、困っているという。夫が急に予定を変更するのは仕事の都合なので仕方ないが、前もって変更がわかっている場合でも連絡しないというのが不満らしい。

■夫のことを考えているという「自己満足」?

 夫婦間で予定などの報告はどこまでするべきか。夫婦問題カウンセラーの岡野あつこさんは、

  「本当によく受ける相談で、女性が悩んでいるケースが多いです。妻と夫で目的が根本的に違うから問題が起こるんですよ」

と指摘する。

 妻は夫のためにおいしい料理をベストなタイミングで出したいから、「何時に帰ってくるか」とか「遅くなるなら連絡して」と言う。しかし「妻自身の都合」だったり、夫のことを考えているという「自己満足」であることが多く、夫の本当の気持ちを理解していないことが多いそうだ。仕事や付き合いで予定が変更になることはよくあることだし、そのたびに妻がストレスを抱えれば夫にとっても負担になる。妻がストレスを溜めないためには、夫のためにごはんを作ると考えるのではなく、自分と子どものために作り、夫がもし食べなくても捨てたり、冷凍したりすればいい、というように考え方を変えることが有効だという。

 また、報告しない夫の多くが、過去に妻に報告した際に「そんなことやっているなら早く帰ってきなさい」などと文句を言われたことがあるらしい。

  「夫が自ら報告したくなるように、受け答えに気を配ってください。それから、もし夫の帰りが連絡なしに遅くなっても、仕事が大変なのかな、付き合いで飲んでいるのかな、などと想像し、対策を練ることも大切です。帰ってきたらとっちめるのか、大変だったわねと労うのか、夫の性格を一番理解しているのは妻なのですから、考えてみてください。それでも聞きたいことがあるなら、夫の機嫌のいい時などタイミングを図って、聞いてみるといいと思います」

岡野さんのアドバイスだ。


■関連記事
なぜ妻の料理はまずいのか ネットで夫たち「暴露大会」  : 2010/02/22
妻から離婚切り出され  子連れで実家に帰る夫たち : 2009/12/02
「のりピー」以前から夫と破綻 「仮面夫婦」芸能人に多い理由 : 2009/08/10
三宅智子が「大食い王決定戦」に復活・歌手デビュー : 2010/03/17
「日本ではもう働けない」 海外移住を決意した人たち : 2010/03/15

<郵政改革>亀井担当相が鳩山首相に具体策報告(毎日新聞)
1人2400万円支払いを=JR不採用問題で最終案−与党・公明(時事通信)
開星高教諭、女子トイレ侵入で逮捕=ビデオに自分写り発覚−島根県警(時事通信)
<ひき逃げ>米軍車両が追突、逃走 子ども2人けが 沖縄(毎日新聞)
<原口総務相>遅刻で謝罪 参院総務委が中止(毎日新聞)

雄にたてがみ生えず、雌に角? =性別取り違え−札幌市円山動物園(時事通信)

 札幌市の円山動物園は18日、飼育するライオンのゲンキ(2歳)とエゾシカの歩(あゆみ)(1歳)について、性別を取り違えていたと発表した。ゲンキは雄ではなく雌、歩は雌でなく雄だった。
 同園によると、ゲンキは2歳になってもたてがみが生える兆しがなく、歩はエゾシカの雌にはない角が生え始めたため分かった。
 二頭の愛称は、いずれも雄や雌として一般公募したもの。同園は「ゲンキと歩なら性別が変わってもおかしくないのでは」と変更はしないという。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕動物の赤ちゃん
ケージの金網、62カ所で広がる=テンが侵入?、最大9×12センチ
捕鯨船侵入の男、12日に逮捕=シー・シェパード活動家、乗せたまま入港
トキ8羽死ぬ、2羽も瀕死状態=動物に襲われる?
7億年前に地球全体が凍結か=カナダに可能性示す地層

<日米密約>開かれた真実の扉 報告書は西山さんの指摘追認(毎日新聞)
<IPサイマルラジオ>アクセス殺到で混乱(毎日新聞)
民家火災で2人死亡=48歳男性と84歳祖母か−三重(時事通信)
「政策が基本」舛添氏、鳩山新党と一線画す(読売新聞)
首相動静(3月11日)(時事通信)

<日弁連会長選>再投票で宇都宮氏当選(毎日新聞)

 日本弁護士連合会の会長選は10日再投票が行われ、開票結果の仮集計で、多重債務問題の取り組みで知られる宇都宮健児氏(63)=東京弁護士会所属=が、現執行部の路線を継承する前日弁連副会長の山本剛嗣(たけじ)氏(66)=同=を破り、当選を決めた。

 2年ごとの会長選は、全弁護士約2万8800人に投票資格がある。

 2月5日の投票では、山本氏が9525票、宇都宮氏が8555票を得た。選挙規定では、全体の最多得票者が全国52ある弁護士会のうち3分の1を超える18会以上で最多票を取れば当選になる。山本氏は9会しか制することが出来ず、決着が持ち越されていた。

Dr.コトー 鹿児島の瀬戸上医師、定年再延長し“続投”(毎日新聞)
危ない投資話に注意! =「必ずもうかる」、被害増加−HPで呼び掛け・警視庁(時事通信)
大阪空港から中国に 和歌山パンダ「幸浜」、繁殖へ出発(産経新聞)
築地市場移転、土壌汚染問題 都「無害化実験、8割成功済み」(産経新聞)
<愛知冷凍乳児>2児の母同じ DNA鑑定で可能性(毎日新聞)

<東京大空襲>世話した孤児320人 きっと立派に(毎日新聞)

 東京・上野駅の地下道の片隅に10日午後、おむすびやリンゴ、きりたんぽが白ユリの花束と一緒にそっと供えられた。約10万人が亡くなった東京大空襲からちょうど65年。焼け出されて家も家族も失った戦災孤児たちが集まり、餓死者も出たのがこの地下道だった。320人もの孤児を故郷へ連れ帰って世話した北秋田市の元地方紙記者、豊村政吉さん(82)は約20年ぶりに上野を訪れ「二度と戦争、空襲のない世界に」と手を合わせた。【真野森作】

 豊村さんは戦時中、爆弾を背負って敵の戦車に体当たりする部隊に所属していた。戦争が終わると、沖縄に出征した兄に会えるかもしれないと考え、旧植民地などからの引き揚げ者を支援する仕事に従事し始めた。戦災孤児に出会ったのは、そのころのことだ。

 コンクリートの床に新聞紙やむしろを敷いて眠り、ぼろぼろの服を着たあかまみれの子供たち。地下道を通りかかるたびに「おじさん、ごはんちょうだい」とせがまれ、助けたいと思うようになった。

 最初に3人の男の子を連れ帰った時、自身はまだ18歳だった。実家や周囲の農家の助けも借りながら次々と子供たちを受け入れた。「秋田へ行ったら銀シャリが食べられる」。そう伝え聞き、無賃乗車で訪ねて来た子供もいた。

 兄の戦死を知ると、生まれ変わりを育てるような気持ちで田畑を売って資金に充てた。消防団のポンプ置き場の2階を借りて「戦災引揚孤児の家」を設け、51年には平屋建ての公営住宅を利用して「少年の家」を開いた。

 豊村さんは80歳ごろまで地元の新聞社に勤め、記者の仕事を続けたが、3年前に大腸がんを患った。体調を崩したこともあって一線を退いたが「節目の年に追悼したい」と吹雪の秋田から上京した。

 孤児の支援は60年ごろまで続いた。1週間ほどで姿を消す子が多かったが、数年にわたって滞在し、家族のように育てた子もいた。15、16歳になると「東京に帰って一旗あげてくる」と巣立っていった。「きっとどこかで立派に成人して暮らしていると思う」。豊村さんは表情を緩めた。

【関連ニュース】
東京大空襲:訴訟原告団が国会議員と懇談
東京大空襲:朝鮮人被災、忘れないで…包括的証言集を出版
東京大空襲:遺族や都知事ら参列し慰霊法要
東京大空襲:65年、遺族「最後の節目の日になるかも…」
東京大空襲:墨田区役所に「平和のオブジェ」

チリ地震の津波、「指示」で避難6・5%(読売新聞)
<警視庁>異例の捜査1課長を解任 女性トラブルで(毎日新聞)
皇太子さま、ガーナで英世の志継ぐ日本人激励(読売新聞)
82歳奔走 ハイチで34年前から慈善活動 女性医師「第二の故郷、復興尽力」(産経新聞)
愛子さま学習院不登校 学校側「学級崩壊」否定(J-CASTニュース)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。